キッチン

キッチンショールーム見学 タカラ編

キッチン選びは、時間がかかると思ったので、早めに動き出しました。

まずは、タカラショールームへ。

最初にタカラを選んだ理由

なぜ、最初にタカラを選んだかというと、購入した中古物件についていたキッチンがタカラだったから。

この時は、古いキッチンのIHを再利用しようと思っていたので、同じキッチンメーカーじゃないと再利用できないのだと思っていました。
(後から、IHはどこのキッチンメーカーでも大丈夫だと知ります)

ショールームには、予約して行くべし

そして、洋服を選ぶごとく、ふらっと一人でショールームへ。

後から知ったんですが、ショールームへは予約して、図面を持って、建築家さんや家族と一緒に行くのが一般的と知ります(汗)

そんな非常識なお客を、タカラのお姉さんは優しく案内してくださいました。
平日だったのが、救いでした。

 

タカラの特徴はホーロー

タカラといえばホーロー。
油性ペンで書いても、水拭きで軽く汚れが取れます。
金属のたわしでゴシゴシしても全然キズが入りません。
ホーローって、こんなにも汚れや傷に強いとは。

そして、ホーローなので磁石がくっつく。
これがすごく便利そうでした。

キッチンの引き出しの中も、磁石のついた仕切り板で自由に区切れます。
どんなお鍋だろうが、フライパンだろうが、持ってる数が多くても綺麗にしまえるんだろうなと思いました。

キッチンの壁面(コンロ前など)も、磁石がくっつくので、壁に小さいスパイスラックをつけたり、ツールフックをつけたり、色々レイアウトできるのが便利そうでした。

 

それから、レンジフード(換気扇)には沢山種類があって、掃除しやすさとお値段が正比例していることを知りました。

今まで、賃貸に住んでいて、一度もレンジフードを掃除したことない(見ないようにしている(笑))私は、ここはお値段が張っても、掃除しやすいものにしなければと思いました。

 

図面もない中、一般的な台所ということで、間口255mmで見積もりも作っていただきました。

 

ショールームでキッチンは販売していない事実

キッチンショールームだからと言って、ここでお客さんに販売していないことも知りました。
お客さんは本当に見るだけで、工務店さんを介して、販売されているそうです。

 

だから私がこのキッチン欲しいと思っても、買えないってことです。
工務店さんに頼んでねってことです。

タカラは安心の定価販売

タカラは定価販売をしてるので、どの工務店さんを介しても、価格は同じだそうです。
これが、他のメーカーになると、私たちには定価で見積もり書が届きますが、
その値段で買うわけではないのです。

工務店さんによって、定価から割引があり、工務店さんによっても割引率が違い
A工務店は見積もりの70%の価格、B工務店では見積もりの60%の価格と、
同じ商品なのに、価格が違ってくるのです。

 

知らなかったー

 

出来るだけ安い工務店にお願いしたいけど、工務店さんも得意なメーカーとそうでないメーカーもあるそうで、割引率だけで、工務店さんも選べないわけです。

 

建築業界って複雑。

 

とりあえず、タカラにすればどの工務店さんでも値段は変わらないので、料金明瞭なところはいいなと思いました。

家づくりの始め方 私の経験だと、子連れで住宅展示場に行っても、1日に見れるのは頑張って3社くらい。 いきなり、展示場に行って...